JR摂津本山駅 南へ徒歩1分tel 078-412-2244

事務所のご案内へ

インデックス相続と遺言についてスタッフブログ遺言書と家族信託


ブログ

2018年06月27日(水) [スタッフブログ家族信託遺言書]

遺言書と家族信託

遺言書と家族信託




先日の月曜日、神戸公証センターで信託契約書と遺言書を
同時に公正証書で作成するお手伝いをさせて頂きました。

遺言を書かれた方は、な、なっ、なんと94歳の女性の方。

神戸公証センターはJR神戸線の元町駅から歩いて5~7分くらいの所で、
神戸っ子の大好きな神戸大丸の東側にあるのですが、

なんとその女性は自宅から自分で電車に乗り、
元町駅から歩いて神戸公証センターまでやって来られました。

94歳といえばかなりのお歳ですが、今まで病気一つされたことがなくとってもお元気。
その上、とってもお茶目で素敵なおばあちゃまです。


ですが、いくらお元気とはいえ、
これから今まで通り預貯金や自宅を管理していくのは大変なこと。

そこで今回、ご自宅を家族信託することで、受託者になる子供に管理を任せることにしました。


信託契約書の内容を私が起案させて頂いたのですが、

たとえ女性が認知症になっても、
自宅を売却したり、あるいは賃貸に出すことで
介護施設の入居資金やこれからの介護費用をちゃんと用意できるように、
信託契約書を設計させて頂きました。

さらに、もし将来、女性がお亡くなれば残った信託財産を誰が引き継ぐのか、
女性と、ご家族と、私も含めて何度も何度も話をして、
信託契約書に記載しました。


このブログを読んでいただいている方の中には
『亡くなられた後のことも信託契約書に書くのであれば、遺言書はいらないのでは?』
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


信託契約書には、
女性が亡くなり信託が終了すると、残った信託財産を誰が引き継ぐか、を書くことが出来ます。

ですが、
信託しなかった財産まで、誰が引き継ぐのかを信託契約書に定めることは出来ません。

そこで今回、女性は自宅以外にも不動産をお持ちでいらっしゃったので、
信託契約書とは別に、自宅以外の不動産を誰に引き継がせたいのか
ご自分の思いを遺言書に遺されたのです。


『信託契約書と遺言書』

「この二つを書くことで、残された家族が不公平にならないようにしたい。」

そんな女性のお気持ちを形にすることが出来たのかな、と
終わってみて今、感じています。

一度に信託契約書と遺言書を作成するとなると
打合せなどが大変でしたが、私にとってとても充実感があったお仕事でした。

そんなお仕事を担当させて頂いたことに、感謝です。


■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
 ・相続人が既に認知症で将来、遺産分割協議ができないかもしれない
 ・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
 ・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。
そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。
まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。