JR摂津本山駅 南へ徒歩1分tel 078-412-2244

事務所のご案内へ

インデックス相続と遺言についてスタッフブログ遺言書の付言事項


ブログ

2018年06月25日(月) [スタッフブログ遺言書]

遺言書の付言事項

遺言書の付言事項

ある日の遺言書の打合せ。

今、ご夫婦の遺言書作成のお手伝いをしています。

内容はとてもシンプルなもの。
 夫の遺言書 「妻に全財産を相続させる」
 妻の遺言書も「夫に全財産を相続させる」


でも、お二人には長男と長女の二人のお子さんがいらっしゃいます。
今はまだお二人とも結婚をされていませんが、今回ご両親が遺言書を書かれることに納得はされています。

ですが、将来、結婚をして生活環境が変われば、
遺言書では財産をもらわない事について「遺留分の侵害」として異議を申し立てるかもしれません。

そこで、今回の打合せでお二人には遺言書の最後に「遺言書の付言事項」を書いていただく事になりました。

遺言書の付言事項というのは、
たとえば、
「なぜ遺言書を書こうと思ったのか」
「どうしてこの内容にしたのか」


など遺言書を書かれた方が亡くなった後に相続人の方々に読んでいただきたい事項を
遺言書の本文の後ろに書いておくものです。

付言事項には、法的効果や拘束力はありません。
ですが、どんな気持ちでこの遺言書を書いたのか亡くなった後に読んでもらえば、
たとえ遺言書の内容に不服であったとしても
納得してもらえるかもしれません。

そこで、今回、ぜひ子供たちに付言事項を読んでもらおう、と付言事項を書くことになりました。

最初は、「そんな文章書けないよ~」とおっしゃっていたご主人ですが、
いざ書き出してみると、自ら何度も書き直しをされて納得のいく付言事項が完成しました。

読ませていただくと、
家族のこと、奥様のこと、そして子供たちに対する感謝の気持ちで溢れる内容です。


「この家族で過ごした日々はとても幸せでした。みんな有難う」
ご主人が付言事項に書かれた一文です。

たとえ法的拘束力がなくても
この文章を読めばきっと子供たちも納得されるはずですよね。

遺言書を書かれる方は、ぜひ付言事項も書いてみてください。

■家族信託のご相談も受付中!■

司法書士 国本美津子が
一般社団法人家族信託普及協会
「家族信託専門士」を取得しました!
 ・相続人が既に認知症で将来、遺産分割協議ができないかもしれない
 ・親の実家を売却し介護施設に入居したいが親が認知症になると売却が困難になるかもしれない
 ・障がいを持つ子供の将来が親である自分が亡くなると心配。
そんな心配をお持ちの方は、ぜひ「家族信託」を検討してみましょう。
「家族信託」で不安や心配を安心にかえるお手伝いができるはずです。

 

■個別相談のご予約■

電話 078-412-2244
JR摂津本山駅 南へ徒歩1分の事務所で、女性司法書士がゆっくりと丁寧にお話をお聞き致します。
まずはお気軽にお電話ください。
約1時間 相談料(相続遺言)5,000円、(家族信託)10,000円(税別)を頂戴しております。