JR摂津本山駅 南へ徒歩1分tel 078-412-2244

事務所のご案内へ

インデックス相続と遺言についてスタッフブログセミナー講師養成コースに参加して。12/12遺言書セミナー開催します!


ブログ

2015年12月08日(火) [スタッフブログセミナー]

セミナー講師養成コースに参加して。12/12遺言書セミナー開催します!

今年もあっという間に年末になりましたね。

 

今年の私の目標は、相続遺言のセミナーを開催することでした。

そして目標どおり6月と8月に遺言書のセミナーを開催できました。

2回開催して思ったことは、「人に伝えることの難しさ」です。

 

「ちゃんと伝わっているかなぁ・・・」

 

士業がセミナーをする時に陥ってしまうのが、「法律用語を使って」「解説」をしてしまうこと。

 

面白くないですよね、法定相続分とは何かってお話を聞いても。

なので、セミナーでは出来る限り法律用語を使わずに、

具体的事例を沢山お話するように心がけています。

 

そして、さらにセミナー力をパワーアップするために

今年の秋は

「セミナー講師養成コース」に参加してきました!!

 

そして、先日の12月5日が最終講座!

無事に全ての講座を修了して共に勉強した仲間と記念写真です!

    ↓↓↓

セミナー養成講座 卒業写真

セミナー講師養成講座大阪第20期の卒業写真!!中央が立石先生。



 

受講生はほとんどが女性ばかり。

講座の後の懇親会では仕事からプライベートの話と毎回盛り上がり

楽しいひと時を過ごさせて頂いた仲間の皆さんに感謝です。

 

 

私はこの講座で講師の立石先生から、とても大きな事を学ばせてい頂きました。

 

 

それは、

セミナー講師には、

 「人と社会を輝かせる」役目があって

 「言葉をつかって人を幸せにする仕事」だということ。

 

そして、

「仕事を通じて、いろいろな体験をさせてもらい、

 その体験をもとに次のお客様にノウハウを届けている」

 

「お客様から頂いた恩を、次のお客様へ贈る」ことがセミナー講師の仕事。

ということを立石先生に教えていただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遺言書作成は相続手続は、一生に何度もあることではありません。

 

私の事務所には、色々な悩みを持ってお客様がお越しになられます。

私はそんな皆さまの相続や遺言書のお手伝いをすることで、

 

「決して私個人では体験でき得ない貴重な経験をさせていただき、

 それを解決する方法やノウハウをお仕事を通じて学ばせて頂いている。

 

そして、そのノウハウを次に来られたお客様にお伝えさせて頂いているんだ。」

 

 

そう感じたときに、

司法書士という仕事は、単に登記をしているだけじゃなくって、

 

「お客様から頂いた体験を、しっかりと私の中でノウハウに代えて

 次のお客様にお贈りしている素晴らしい仕事なんだ」

 

と、受講をしている途中に感動したことをブログを書いている今も思い出します。

 

 

セミナー養成講座で学ばせて頂いたお陰で、

セミナーだけでなく司法書士としての心構えが改めて私の心の中に

しっかりと根付いたと実感しています。

 

立石先生とともに学んだ仲間の皆さんに感謝、感謝です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、今週の土曜日(12月12日)、今年3回目のセミナーを開催いたします!

さっそく学んだことを実践です!!

遺言書の書き方セミナー

遺言書の書き方セミナーを12月12日に西宮で開催です!

 

 

「子どものいない夫婦とおひとり様の遺言書の書き方」

と題して阪神西宮駅南へ5分の所で

90分セミナーを開催しますので

ぜひ興味ある方は参加してみて下さいね!!

 

人と社会を輝やかすことが出来る司法書士であるよう

しっかりと準備をしてセミナーでは心を込めてお話をさせていただきます!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「子どものいない夫婦とおひとり様の遺言書の書き方

日時  平成27年12月12日(土)10時30分~12時
場所  西宮市戸田町5-16 西宮ビル
シティライフ阪神支局セミナールーム
(阪神西宮駅より南へ徒歩5分)
*参加費は無料です
申込み 電話 078-412-2244
「12月12日のセミナーに参加したいです!」
とお伝えくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・