インデックス相続と遺言について相続登記と関連する手続き




相続をめぐる話し合いが進み、
「誰が何をどれだけ相続するか」が決まったら
いよいよ相続する不動産、預貯金、株式などの名義を
故人のものから、各相続人のものに変更する必要があります。
この手続きが完了すれば、相続のすべてが完結したことに。
司法書士のサポートを活用し、ゴールをめざしてください。

相続登記と関連諸手続きの流れ

相続登記と関連諸手続きの流れ










【相続登記と関連手続き】私たちができるリーガルサポート

◎相続登記

法務局への申請を行い、相続した不動産の名義を、故人のものから相続人のものに変更します。

◎残高照会書の請求手続き

相続した預貯金の相続を行うに当たり、金融機関に対して口座の残高を調べるための残高照会書を請求します。

◎金融機関や証券会社へ提出する戸籍などの調達代行

金融機関および証券会社にて、名義変更を行うのに必要な戸籍などの書類収集を代行いたします。

◎預貯金の名義変更・払戻手続きの代行

相続人が決定した預貯金の引き継ぎ方に応じ、口座の名義変更や解約、払戻しなどの手続きを金融機関に対して行います。

◎株式の名義変更手続きの代行

証券会社に対して、故人の口座から相続人の口座へ、現物株式、投資信託等の移管手続きを行います。