インデックス相続と遺言について相続放棄




相続されるものは、不動産や現金のような
プラスの遺産だけではありません。
故人の借金や負債なども、相続によって引き継ぐことになります。
相続放棄は、そんなマイナス遺産を相続しないための法的手続き。
相続人の地位は失うかわりに、借金を背負う必要はなくなります。
プラス遺産よりマイナス遺産の方が大きい場合は、
相続放棄を検討してみましょう。

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄の手続きの流れ1相続放棄の手続きの流れ2











知っておきたい相続放棄の基礎知識



相続放棄は相続開始から3ヶ月以内に行いましょう。

相続放棄をする際に一番重要なことは、「相続開始(被相続人の死亡)を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄を申し立てること」です。家庭裁判所へは亡くなった方や相続放棄する相続人の戸籍などを提出する必要があります。書類をそろえるのに時間がかかったりすることもありますので、3ヶ月という期限には十分に注意してください。また、この期限の定められた中で、法的手続きにミスがあっては取り返しがつかないことになります。当事務所では相続放棄の申述を家庭裁判所へ行う手続きを代行しておりますので、お気軽にご相談下さい。


相続開始から3ヶ月を過ぎてしまうと相続放棄はできないの?

通常、亡くなった方が親や配偶者の場合、相続人はその死亡を知った日から3ヶ月以内に相続放棄をしなければなりません。

被相続人である親と長い間付き合いがなく、親が死亡したことを全く知らない場合はどうでしょうか。たとえば、父(被相続人)の死後3ヶ月を過ぎて、突然債権者から多額の借金の支払いを請求する督促状が子に届き、初めて父の死亡を知ったような場合は、もう相続放棄ができないのでしょうか。このような場合は、子である相続人は督促状により初めて父の死亡を知ったのですから、督促状を受け取った日から3ヶ月以内に手続きをすれば相続放棄が認められることもあります。

もっとも、家庭裁判所には、督促状を受け取るまで親の死亡を知らなかったことなどの事情を説明し、納得してもらう必要があります。督促状などの封筒の消印などが自分が知った日が証拠になりますので、うっかり捨てないで保管しておきましょう。そのほかにも、3ヶ月を過ぎても事案によっては相続放棄が可能な場合もあります。一人で悩まずいつでもお気軽に専門家である司法書士にご相談下さい。











【相続放棄】私たちができるリーガルサポート

◎相続放棄についてのご相談

自分が相続人に当たるのか、相続放棄をした方がいいのか、などのほか、相続放棄の期限を過ぎてしまったなど、判断にお困りの際のご相談に応じます。

◎相続放棄の申立

相続放棄申述に必要な書類を揃え、家庭裁判所が定める申述書を作成し提出。
限られた期限内で、確実に相続放棄の手続きを完了させます。

◎相続放棄の申立を前提とした 遺産目録の作成

故人の借金調査を行い、プラス遺産と合わせた遺産目録を作成。

相続放棄を行う必要性についてアドバイスを行います。