インデックス相続と遺言について法定相続




被相続人が遺言を残さずにお亡くなりになった場合、
誰が、どれだけ相続するかのよりどころとなるのが、
民法が定める「法定相続人」であり「法定相続分」です。
相続人同士の遺産分割協議が合意にいたらない場合に
この法定相続にのっとって遺産分割がされることもあります。

法定相続の手続きの流れ

法定相続の手続きの流れ











知っておきたい法定相続の基礎知識



法定相続分は、誰にどれだけあるの?

法定相続人の優先順位と、それぞれの相続分

順位 相続分
第1順位 配偶者 2分の1 直系卑属(子や孫) 2分の1
第2順位 配偶者 3分の2 直系卑属(父母または祖父母) 3分の1
第3順位 配偶者 4分の3 兄弟姉妹 4分の1

●配偶者は常に相続人になります。




内縁・事実婚の場合や、離婚した場合、法定相続ではどうなるの?

法定相続において配偶者は、相続の優先順位も、相続割合も高く定められています。ただし、法律上の配偶者として認められるためには、婚姻届を市区町村役場に提出し、それが受理されているという条件が必要です。たとえ結婚式を挙げ、実際の生活を長年ともにしていても、婚姻届を提出していない場合は「内縁関係」とされ、相続権は認められないのです。

法定相続では、被相続人の認知があれば、婚外子にも相続権が認められていますが、その親である内縁関係の相手には相続権は与えられていません。したがって、内縁や事実婚の相手に財産を残したい場合は、生前のうちにそのような意向を反映した遺言書を作成したり、生前贈与を考えたりする必要があるでしょう。

また、離婚した元配偶者も、離婚後の再婚の有無に関係なく法定相続人として認められていません。ただし、離婚調停中などで、まだ離婚届が市区町村役場に受理されていない間にどちらかが亡くなった場合は、その配偶者に相続権が認められます。つまり法定相続においては、婚姻届または離婚届が公式に受理されているかどうかが重要な意味を持つのです。

一方、離婚した配偶者との間に子供がいる場合は、血縁関係のある直系卑属として、相続権が与えられます。内縁、事実婚、離婚などで、相続にご心配のある方は、ぜひお気軽に司法書士までご相談ください。











【遺産分割協議】私たちができるリーガルサポート

◎法定相続についてのご相談

法定相続についての疑問やご不安についてご相談にお応えし、民法の知識にもとづいて、円満な解決までサポートします。

◎法定相続による不動産の名義変更(相続登記)

法定相続に伴う不動産の名義変更のため、必要書類の収集と法務局への登記を迅速に行います。

◎法定相続による預貯金の払戻

法定相続に伴う名義変更を行い、スムーズな預貯金の払戻をお手伝いします。